お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Q&A

色選びの前に知っておきたい Q&A

「暮らしを塗り替える」ということ。
住まいには、そこに住む人の気持ちや生活そのものが表れます。
逆に、長年蓄積された汚れを落とし新たな表情に変わったとたん、住む大の気持ちや生活を変えてしまうこともあるのです。
つまり、「外観を塗り替えることは、暮らしを塗り替えること」。
慎重に、そして思いきり楽しみながら、イメージアップを図りましょう。


Q.わたしの家、塗り替える必要はあるの?

A.塗り替えは、家を美しく保つために欠かせないお手入れです。


日本の戸建て住宅のほとんどに、外壁仕上げ材として合成樹脂が使われています。住まいを屋外の環境からまもる役割を持つ合成樹脂ですが、太陽
光による熱線や紫外線、風雨、大気中の汚染物質などにさらされるうちに、徐々に性能がダウン。大切な住まいの価値を維持するためにも、塗料の性能が保たれているうちに、新たな塗装を計画的に行うことが必要なのです。
屋根
屋根の塗料は、太陽光を反射して、屋根の温度の上昇を抑制する遮熱性塗料です、また、年々深刻さを増す地球温暖化やヒートアイランド現象の抑制にも貢献しています。

外壁
室内の快適な環境をまもってくれる外壁は、太陽光・風雨・寒暖差などの影響を直接受けて劣化します。
外壁の塗料は、周囲になじむ美しい色合いで住まいを彩り、強じんな塗膜によって高い耐候性を実現。塗りた
ての美しさが、長期にわたり持続します。


Q.塗装って地球環境に悪いのでは?費用も高くつきそうだし…。

A.塗り替えは資源を大切にする、エコな“リフォーム”です。


美しい自然からヒントをもらった塗料で、自然環境にはひときわ配慮しました。住まいを長持ちさせる機能にすぐれた塗料なので、建て替えや新築工事に比べると、環境に与える負荷も滅らせますっエコロジー&エコノミーなお手入れだと言えるでしょう。また、従来の塗装工事と変わらない費用なので、わが家を経済的に美しくまもれる安心な工法です。


Q.わが家だけが目立ってしまわない?

A.街並みや風景との調和を考えた色選びができます。


単に色の好き嫌いだけで外壁の色選びをすると、ご近所の雰囲気と馴染まないものになってしまうことがあります。
塗り替えをするときは、両隣の住まいはもちろん、ご近所・通り・街区全体の雰囲気にも配慮したいものです。塗料選びでは色合い別に基調色を決め、さらに近隣の状況に合わせて家全体の色調和を考えられるように、ブロのカラーコーディネーターが配色設計を担当。安心して色選びをしていただけます。


街の美観をつくる、「住まいの色」

「自分の住む家のまわりには見渡す限り建築物がなく、自然の樹木に囲まれている」という環境にお住まいの方はごくまれで。
ほとんどの方は隣・近所が目に見える範囲にあったり、お隣と接したりする環境でしょう。
様々な形や素材・色などが組み合わさってできている「住まい」と同じように、「街」も様々に異なる形の戸建て住宅・マンション・学校・工場・橋や道路で構成されています。
数多くの建築物が同居する街を美しくするためには、一軒一軒の家が、街全体の雰囲気を考えて調和する外壁色選びをすることが必要です。
周囲に配慮して色選びを行うことで、街並みが美しくなり、街行く人の心も豊かになり、ひいては街の価値・住まいの価値が上がるのです。
街や家を魅力的に彩る花々なども楽しみながら、素敵な街並みをつくっていきたいものです。